アトピー性皮膚炎【一般皮膚科】

日常生活に潜む様々な要因

アトピー性皮膚炎とは、皮膚にかゆみを伴う湿疹を繰り返し生じる病気です。最近ではお子さんだけでなく、大人の方も珍しくありません。家族の中にアレルギー体質の人がいると遺伝してしまうという説もありますが、はっきりしない例も多々あります。昔とくらべ生活環境や食生活の変化によりアトピーの患者さんが増えている原因ではないかと考えられます。

アトピー性皮膚炎はなんらかのアレルギー因子に反応を起こしている状態で、体に影響を与える物質を対外に排出しようとする体の防衛反応の一種です。ただし、人によってアレルギーになる物質は違いますし、原因となるアレルギー物質の見つからない例もあります。

一般的なアトピー性皮膚炎の治療法はステロイド剤の外用がほとんどです。しかし塗薬等の対応だけでは、アトピー性皮膚炎を改善できないケースが多いのが現状です。

原因となる物質

悪化因子

敏感な皮膚が常に刺激される状態にあると、痒みを感じます。痒くなればその部分掻いてしまい、皮膚の表面が破壊されます。更にアレルゲンが入ってしまい痒みが増します。その結果、さらに湿疹が悪化するという悪循環に陥ってしまいます。

刺激のもとは、髪の毛や毛糸のセーターなどの他、直接皮膚につく刺激物質としてシャンプーや石鹸、香水などの化粧品類、汗、よだれや食べこぼしなどがあげられます。

また直接的な刺激以外にも、精神的なストレスや生活リズムの乱れ、食習慣の極端な偏りなども、悪化の原因となることがあります。

アトピー性皮膚炎

食事療法

食事療法の基本

  • 糖分、油脂類を避けた食事にする。
  • 動物性タンパク質を少なくする。
  • 洋食よりも和食を選ぶ。