巻き爪

巻き爪とは

爪の両端が内側に巻き込んだ状態のことです。巻き爪が進行すると、肉の部分に爪が食い込み、炎症を起こしたり、激しい痛みを伴ったりして、靴が履けない状態になります。さらに痛みがひどくなると、自然に歩くことさえ困難になり、肩こりや腰痛を引き起こすこともあります。痛くて歩けなくなってしまう前に、ワイヤーを使った矯正をおすすめします。

巻き爪のワイヤー矯正法

血を出さず、痛くない巻き爪治療

Virtuose Human Orthonyxieとは、専用のワイヤーを使った、外科手術を伴わない巻き爪の治療法です。痛みも無く、経済的で、治療中も日常生活に支障がないなど、有効な巻き爪治療法として注目されています。

陥入爪、巻き爪に対するワイヤー矯正法(VHO)式

爪を切りすぎて起こる「陥入爪(カンニュウソウ)」、筒状に弯曲した「巻き爪」の患者さんは数多くいらっしゃいますが、なかなか満足のいく治療がなかったのが現状です。
手術療法は、結果として痛みはとれますが、手術中および術後の痛みがしばらく続き、術後は爪が小さくなり、美容上よくありません。また、巻き爪は手術をしてもやはり爪の弯曲は残ります。

詳しくはこちら